高校化学の勉強法。単元ごとの性質やポイントを抑えよう。

高校化学の勉強法をご紹介します。

ひとくちに化学と言っても高校化学はその単元によって重要なポイントや性質がかなり変わるので、それに伴い勉強法も大きく違ってきます。

単元ごとのポイントを押さえて学習していきましょう。

化学の単元は大きくわけて3つ

タイトルの通りですが、化学の単元は大きく分けて「理論化学」「有機化学」「無機化学」の3つに分類され、それぞれ趣が異なります。

理論化学は主に計算がメインになり、有機化学、無機化学は暗記の要素が強くなります。

周期表とお友達になろう

これは単元に関係なく必要になることですが、周期表を書けるようにしましょう。

「水兵リーベ…」という語呂合わせが有名ですが、ネットで調べればいろんな語呂がでてきます。

どんな語呂でもいいので、最低でもCaくらいまでは何も見なくても書けるようにしましょう。

周期表をじっと見つめているだけでもいろいろなことが学べます。

縦にどのような元素が並んでいるのか、イオンになりやすい元素はどれか、電子の配列がどうなっているか、などどれも基礎中の基礎です。

ここがイメージできるとイオンや化学式の理解が楽になります。

理論化学はモル計算を極めよ

理論化学では「モル」という単位を使った計算が多く出てきます。

このモルという単位は化学でしか出てこないため最初は面食らうのですが、まずはこれに慣れることが重要になります。

モルとl(リットル)、質量数の換算もかなり頻繁に使うので押さえましょう。

化学式が書けるようになることも重要です。

問題文で「xxとxxが反応してxxができた。」というような記述があれば化学式でスラスラと書けるようになれるのが理想です。

これができるだけで結構部分点がとれるようになります。

有機化学は構造式が鍵

次に有機化学ですが、構造式を書けるかどうかが鍵になります。

問題文中に出てきた物質はすべて構造式を書くくらいの勢いでいきましょう。

慣れてくるとC6H12などの表記を見ただけで「二重結合が一つあるか環状の構造だな」と勘ぐることができるようになります。

感覚的には炭素をつないでいくパズルに近い気がします。

無機化学は暗記がメイン

無機化学は他の2つと比べて暗記が多い単元になります。

もちろん、化学式をガリガリかければ暗記せずに済む箇所もたくさんありますが、反応後の色などはどうしても暗記メインになってしまいます。

沈殿後の色などは語呂合わせを使って効率的に覚えましょう。

鉛は沈殿すると黒が多い、OHは沈殿すると白が多い、などおおよそのイメージを掴むのも有用です。

まとめ

以上、かなりざっくりではありますが化学の勉強法でした。

化学は計算から暗記まで幅広い技能が求められます。

テストでは暗記すれば即答できるものは早々に終えて計算問題に時間を費やしたいところですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする