高校生の政治経済の得点upのコツは?勉強法からお伝えします!

高校生のための政治経済の勉強法を簡単にお伝えします!

政治経済の勉強は、将来に役立ちます。
経済の動向を把握しているということは、社会人になった時にとても大切なことになります。
政治経済に興味を持つと、ニュースもよくわかるようになります。
色んな角度からの考え方を鍛えることもできます。
高校生のための政治経済の勉強法を解説します。

新聞やネットニュースに興味を持とう

政治経済の成績を上げるには、普段から新聞を読んだりネットニュースに興味を持つことが大事になります。
政治経済の授業では、よく最近のニュースの話題を勉強することがあります。
新聞やネットニュースに興味がないと、授業が退屈です。
しかし、普段から少しでも興味を持っていると、授業が楽しくなります。
ドンドン理解しやすくなります。
実は、新聞やネットニュースを見ておくことは、予習になります。
10分でも20分でもいいです
普段から、新聞やネットニュースには目を通しておきましょう。

授業中は先生の話に集中しよう

政治経済の授業は、ノートを取るのが大変なイメージがあります。
しかし、ノートを取ることに集中しすぎても、成績は上がりません。
ノートを取ることに集中するのではなく、先生の話をしっかり聞くようにしましょう。
話をしっかり聞いて、聞いて覚えるのが政治経済の勉強法のコツです。
気になることがあったら、教科書にメモをしたり線を引きましょう。
メモはわかりやすい言葉でたくさん書いておきましょう。
教科書はキレイに使うのではなく、たくさん色んなことを書き込みましょう。
あとで復習をする時に役に立ちます。
先生の話でわからないところがあったら、メモをして線を引きましょう。
そして、授業後に聞きにいきましょう。
わからないことは、その日のうちに解決してしまいましょう。

予習は黙読をしよう

予習は教科書を読むだけで大丈夫です。
でも、3回は読みましょう。
1回では、なかなか理解はできません。
3回読んでおけば、ある程度頭に内容が入ります。
予習は前日にするのではなく、授業前に5分でも10分でも教科書を読んでおくだけで大丈夫です。
教科書を読んでおくと、先生が説明している内容を教科書から探しやすくなります。
授業では、先生の話を聞きながら話の内容を教科書でチェックするのが、政治経済の授業の進め方です。
予習をしておかないと、何の説明をしているのかよくわからなくなってしまいます。
授業にしっかりとついていくためにも、必ず予習をするようにしましょう。

復習は時間をかけよう

予習は短時間でいいですが、復習はしっかり30分はやりましょう。
授業の内容の確認作業がメインになります。
たくさんメモをした教科書をしっかり読み直します。
政治経済は経済用語が難しいので、漢字のチェックもこの時におこない、書けない漢字や読めない漢字の練習をしておきましょう。
復習の時は、漢字の確認と授業の内容の確認をしながら、3回は教科書を読み直しましょう。
復習の時に、わからなくて先生に授業後に聞いたことは、家でノートにまとめて理解するようにしましょう。
わからなかったことなので、忘れないようにしっかりノートにまとめましょう。
まとめた内容を、後日先生に見てもらうと、間違って覚えてないかの確認になります。

しっかりした予習・復習でテスト勉強を楽にしよう

予習と復習をしっかりやっておけば、テスト勉強は確認作業のみになります。
しっかり理解していれば、教科書を読むだけでテスト勉強は終わります。
予習・授業に集中・復習をしっかりやれば、テスト勉強前に改めて覚える必要はありません。
教科書を読むだけで、内容がすぐに頭に思い浮かんできます。
寝ていたり、先生の話を聞かなかった人は、改めて内容を覚え直さないといけません。
この時点で、1日1時間は無駄な時間を確保しなければいけないことになります。
テスト勉強を楽にするために、しっかり予習と復習をするようにしましょう。

政治経済に興味を持ったら

政治経済に興味を持ったら、本をたくさん読むようにしましょう。
政治経済はお金の流れの勉強もします。
金利や銀行のこと、オイルマネーのことや株式のこと、社会人になって役に立つことを、実はたくさん勉強できる教科です。
興味を持ったら、たくさん興味を持ったジャンルの本をたくさん読みましょう。
政治経済の本は難しい内容が多いのですが、難しい内容の本を読むようになると、学校の授業がすごく楽に感じることができます。
学校の政治経済の授業は、政治経済の入門編です。
入門編なので、言葉も簡単に表現されています。
難しい本を読むためにも、政治経済の教科書を理解するのは重要なことになります。
政治経済の教科書で基礎を固めて、より難しい政治経済の本にチャレンジしていきましょう。

まとめ 高校生のための政治経済の勉強法

新聞やネットニュースに興味を持とう
授業中は先生の話に集中する
予習は教科書を3回読む
復習は確認作業をしながら、教科書を3回読む
テスト勉強を楽にするために、予習・復習をしっかりやる
政治経済に興味を持ったら、難しい本にチャレンジする

以上が、高校生のための政治経済の勉強法になります。
政治経済の勉強は、テスト前に一夜漬けをして覚えなくても、普段から予習・復習をしっかりして授業に集中すれば、成績を上げることができます。
テスト前に苦労することもなくなります。

しっかり授業に集中して、政治経済の成績アップを目指しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする