高校英語のリスニングが苦手という人へ!得意にするコツ・方法をまとめました。

高校生で英語のリスニング問題が苦手な方々は多いです。

私もそうでしたが、何時間も自分なりに勉強することである程度の成果は出ました。

ここでは、私の経験を基に英語のリスニングの勉強法をご紹介します。

基本は単語力

リスニング問題を聴いてみて、何を言っているかさっぱりわからない場合、大抵は単語力が不足していることによります。

大学入試でもセンター試験レベルならば、基本的な英文が多いはずなのでそこまで難しい単語はないでしょう。

そのため、リスニングが苦手ならば、まずはじっくりと単語帳を使って単語を覚えていくべきです。

しかも、その際きちんと発音を覚えなくてはなりません。

私の場合、発音記号を見ながら発音し、その後に単語を書くということを繰り返して、単語を覚えていきました。

もちろん、入試対策として重要なアクセントの位置も注意しながら覚えていきました。

よって、覚えた単語で発音できないものはないという状態にまずすべきです。

そうすれば、リスニング問題自体にわからない単語はほぼなくなるはずです。

また、市販の単語帳の中には発音をしてもらえるCDが添付されているものもありますので、これを聞きながら単語の発音を覚えるのもかなり有効です。

それを使う際は、基本的に聞き流すのではなく、同時に発音しながら覚えるともっとよいでしょう。

聴き取れるようにするには

リスニング問題で、何となく言っていることはわかるのだけど、いまひとつ聴き取れない…ということはありませんか?

確かに完璧に聴き取れるようにするのはかなり困難でしょうが、主に聴き取りにくい部分というのは英語特有の言い回しに惑わされているからではないでしょうか?

たとえば、Did you~という表現は日本語で「ディジュ」という風に聞こえるのは、高校生ならばご存知のはずです。

このような言い回しをきちんと聴き取れるようにするのが、リスニング問題では重要になってきます。

きちんと聴き取れないと、問題の勘違いという事態があることも注意です。

私の場合はリスニングの練習問題はもちろん、英語のニュースや音楽を聴き続けて理解することに努めました。

何回も聴いていると、この表現はこの言い方なんだとわかるようになってきます。

よって、何回も発音を聴くというのが、リスニング問題を聴き取るようにするコツです。

まとめ

リスニング問題も基本は単語を覚えていないことには対応ができません。

よって、単語の発音を覚えていくことも重要です。

また、英文を聴き取れるようにするため、できるだけ多くの英語を聴くことをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする